敬老の日の由来について

category01

毎年9月の第3月曜日は、お年寄りに日頃の感謝を伝えるとともに長寿を祝う敬老の日ですが、敬老の日は1947年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で始まった「としよりの日」に由来すると言われています。この「としよりの日」は、野間谷村の村長が「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨で始めた行事で、農作業が一旦落ち着き気候も良好な9月中旬の15日に開催されることになったとされています。

その後、この行事は兵庫県のみならず全国各地で行われるようになりました。

敬老の日に関連した情報が掲載されています。

そして、1951年には現在の全国社会福祉協議会に当たる中央社会福祉協議会が9月15日を「としよりの日」と定めましたが、この「としより」という表現が適切でないという異議が各地で起こったため、1964年に「老人の日」に改名されます。



国民の祝日に関する法律が改正された1966年には、建国記念日・体育の日とともに国民の祝日として制定され、名称も現在の「敬老の日」へと変更されました。



その後、2001年のハッピーマンデー制度の導入によって、2003年からは9月15日から9月の第3月曜日へと移行され、現在に至ります。また、日付が変更されたのと同時に9月15日は「老人の日」、9月15日から9月21日までは「老人週間」として定められました。この「老人の日」と「老人週間」は「老人の福祉について関心・理解を深めるとともに、お年寄り自らが自身の生活向上に努める意欲を促す」ことを目的としています。

敬老の日の皆が知りたい情報

category02

敬老の日は1年に一度、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える大事な日です。同居していると伝えやすいですが、離れているとなかなか難しい物があるでしょう。...

subpage

敬老の日コラム

category02

おじいちゃんやおばあちゃんを敬う日として、日本では9月に敬老の日があります。例年であれば直接贈りものを渡しに行くという事があったかもしれませんが、離れて住んでいるという場合はコロナ禍という事も有って直接届けるのは難しいと判断されている方も多いのではないでしょうか。...

subpage

敬老の日の事柄

category03

「父の日」「母の日」は諸外国でもお祝いするケースが多く、国によって内容もさまざまです。たとえばコロンビアのように「母の日はお母さんは何もしなくていい」という国もあれば、さまざまなプレゼントをしたり親族で集まって会食をする国もたくさんあります。...

subpage

敬老の日の知っておきたい情報

category04

おじいちゃんやおばあちゃんに日ごろから世話になっている、または連休や年末年始などで田舎に住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行けてもたまにしか会えないといった家庭の場合には、敬老の日にプレゼントを贈ってみるなどして喜ばしてあげましょう。また、高齢な方は孫からのプレゼントならどのようなものでも喜ぶのが一般的です。...

subpage